医療脱毛と脱毛サロンの違い

医療脱毛と脱毛サロンの違い

ムダ毛を自分で処理するのは面倒だし、もっと綺麗な肌になりたい、と脱毛サロンでの脱毛を考えている人も多いでしょう。
でも、脱毛といってもその種類はさまざまで、「医療脱毛」と「脱毛サロンでの脱毛」もあります。
ここでは、この2つの違いについて説明するので、脱毛を受ける施設の選び方として参考にしてください。

 

医療脱毛は医療機関だけで許可されており、医療用の脱毛専用レーザーや光エネルギーによって、毛根を破壊する方法で脱毛します。レーザー脱毛は、黒色にだけ反応して熱を与えて、毛の生える組織そのものを破壊するので、毛以外の部分に影響することがなく安全で綺麗に脱毛することができます。
また、医療レーザーの出力は高いので、脱毛効果も高くなります。

 

脱毛サロンで行われるのは「光脱毛」という施術で、医療レーザーよりも低い出力の特殊な光をフィルターにかけて照射することで脱毛します。医療脱毛よりは脱毛効果が少し劣りますが、仕上がりは満足のいくものになります。

 

脱毛サロンでの特徴は、美肌効果やアンチエイジング効果も同時に行えることです。
価格も医療脱毛より安く設定されており、痛みも少ないです。

 

医療脱毛にするか、脱毛サロンでの脱毛にするかの選び方のポイントとなるのは、「料金」「効果」「痛さ」「早さ」でしょう。医療脱毛だと、料金は高く痛みもありますが、効果は非常に高く通う頻度も少なくなります。

 

一方、脱毛サロンでは、比較的料金が安く痛みも少ないですが、医療脱毛より効果が弱いので、脱毛が完了するまで長い日数を要します。このようなことを考えて、医療脱毛にするか、脱毛サロンの施術を受けるか決めるとよいでしょう。